ページ紹介

7月末に、元東京YMCA職員 日下部 拓さんを採用し、仙台YMCA支援のため派遣させて頂くことになりました。通称「拓さん」の現地からの報告です。

2012年3月20日火曜日

Japan & U.S. YMCA Volunteers worked together / 日米YMCAボランティア共働

(Please scroll down for English article)


319日(月)、シアトルYMCAからのボランティア5人と、九州からのボランティア7人(熊本YMCA専門学校学生5人+北九州YMCA専門学校学生2人)が合流して、山元町の岩佐さんのイチゴ農園でご奉仕し、仙台YMCAボランティア支援センターから大村と日下部が同行しました。山元町社協から紹介されて来たボランティア数名も一緒に作業しました。

Well, it looked so simple, but...
先ず初めは、温室を被うビニールを固定するための長い定規のような金属製の資材を繋ぎながら、水平に張られた目印の糸に合わせて、鉄パイプで組まれた温室の骨組みに固定していく作業です。簡単そうですが、注意していないと少しずつ傾斜してしまいます。この日は冷たい西風が吹き荒れて砂埃が容赦なく襲いかかり、目も鼻も耳も口も髪も砂でジャリジャリになってしまいました。午後の後半は、納屋裏の竹薮だった土地(津波の塩で枯れてしまった竹を切った跡)で根起こしです。根が深くて掘れないものは、切り株を地面の高さで水平に切り揃えて躓かないようにします。根気のいる作業ですが、吹きさらしの畑よりは風当たりが弱く一息つけました。

作業が終った後、岩佐さんが1月から収穫できるようになった温室に案内してくださり、朝摘んだ甘いイチゴをご馳走になりながら、イチゴ作りにかける思いやイチゴ栽培にまつわる話を聞かせてくださり、興味深く聞きました。

Inside the hot house: sweet berries are growing
20日(火)も岩佐さんの農園でワークを予定していたのですが、19日朝に岩佐さんの98歳になるお祖母さまが亡くなり、作業は急遽取り止めに。そこで九州組は大村さんの案内で南三陸町の被災地を、シアトル組は日下部の案内で半日で石巻の被災地を視察することになりました。

シアトル組は先ず、津波で全校生徒108名中74名が死亡・行方不明という大きな犠牲を出してしまった石巻市立大川小学校に向かいました。北上川の堤防の直ぐ下にある校舎跡は津波の力で見る影もなく破壊され、一同慰霊碑の前で黙祷を捧げました。津波が到達した高さに張られた裏山中腹の赤いテープはかなり高い場所にあり、見る人は声もありませんが、なぜ70人以上もの子どもが犠牲になってしまったのか、という思いが重く胸にのしかかります。続いて北上川流域〜河口周辺、石巻港などが一望できる標高187mの日和山に登り被災状況を見ました。ことごとく破壊された住宅地跡や地盤沈下が一目瞭然の中州など、被災後一年を経た今もなお傷跡生々しいこの大災害の規模に、シアトルでTVや新聞で見聞きしていた状況とのギャップの大きさが信じられない様子でした。

石巻港・津波で200m流された大きなサイン水槽
九州組は21日もう一日仕事をし、シアトル組は午後から盛岡経由で宮古へ向かい、25日までYMCA宮古ボランティアセンターで支援活動をして帰国する予定です。


On Monday March 19, 5 volunteers from Seattle YMCA joined with 7 Japanese YMCA volunteers the “Kyusyu group” (5 Kumamoto and 2 Kitakyushu YMCAs Jr. College students). Together, they worked at the Iwasa Strawberry Farm in Yamamoto-cho. Directors Ohmura & Kusakabe from the Sendai YMCA Volunteer Support Center lead the two groups.

Japan & U.S. joint volunteer team at Iwasa Farm
First assigned job was to attach 3 rows of long horizontal metal strips (for tying plastic sheets to the hot house) on the steel pipe framing. It was so windy and the gusts pick up sand just like in sand storms, so everyone got sand in shoes, cloths, hair, eyes, ears, nose, and mouth. After lunch, volunteers helped dig out bamboo roots from behind the shed, where it wasn’t as exposed to the sandy gusts as was on the field.
After completed the assigned jobs for the day, Mr. Iwasa showed us one of his hot houses that have been producing berries since early January. He served us freshly picked straw berries, and they were sooo sweeeet!! Everyone couldn’t wait for the shower to wash off the sand.

Tuesday March 20 was supposed to be another working day for the two volunteer groups, but the Iwasa family had an emergency (his 98 years old grand mother passed away Monday morning) so the work at the farm has been canceled. Mr. Ohmura took the Kyushu group, and I took the Seattle group to visit the disaster struck areas.

Volunteers praying at Ohkawa Elmentary School
Seattle Y group went to the Ohkawa Elementary School in northern Ishinomaki where 74 out of 108 students had lost lives in tsunami.  Then the group went up Hiyori-yama, a 200 feet hill from its top the Port Ishinomaki, mouth of Kitakami River, and coastal section of Ishinomaki can be viewed. Everyone was speechless to witness the magnitude of the disaster caused by tsunamis.

Seattle Y group left Sendai in early afternoon heading for Miyako where they will volunteer till 25th. Kyushu group has one more day to work in the area before heading back to their homes in Kyushu. 

World Children’s Art Exhibition & John Ken Nuzzo Concert / 世界の子どもの絵画展とヌッツォさんコンサート開催

(日本語の記事はスクロール・ダウンしてください)

On Saturday March 17, the world famous tenor singer, John Ken Nuzzo’s concert was held at Yamamoto-cho Central Community Center. Despite the heavy rain, approximately 120 audiences turned out to enjoy the powerful and beautiful voice of Mr. Nuzzo.
ヌッツォさんご夫妻(後列左から3・4人目)とパチり

This concert was made possible by the volunteers of the Tokyo American Club, organized by Sendai YMCA and its three Y’s Men’s Clubs. During the concert, Mr. Nuzzo not only sung his selected songs, but also planned a couple of sing alongs, and the audiences really enjoyed the singing as well.

Along with the concert, an exhibition of children’s painting and messages from 15 countries and areas of the world was organized at the same location. This exhibition was organized by a group called “Skip with Smile” set up in the purpose of encouraging disaster struck children by children of the world. Pictures and messages of children have been displayed at three elementary schools in Ymamoto-cho since mid March, and brought to the Community Center for this day. Many audiences could enjoyed the display before and after the concert.
世界の子どもたちから届いた激励の絵とメッセージ

Mr. & Mrs. Nuzzo and several volunteers from Tokyo American Club wished to take advantage of this opportunity coming up to Sendai area and visit the tsunami struck area. After relaxing night at the oldest inn at Akiu hot springs, the group visited Okawa Elementary School in northern Ishinomaki to pay respect to 74 students that lost lives in 3.11 tsunami. After giving flowers and silent prayers for the victims, the group was joined by a volunteer guide and went to see around the port and destroyed residential area near the sea. In many occasion, participants were just speechless before the magnitude of the disaster vividly witnessed even after a year. The participants of the day trip expressed their desire to do more to help the victims recover and rebuild their lives.

After enjoying delicious local seafood lunch, the group hurried home after an eventful weekend. 
大川小学校跡に建てられた慰霊碑に祈るヌッツォさん

317日(土)、テノール歌手ジョン・健・ヌッツォさんコンサートが山元町中央公民館で開かれました。当日は朝からあいにくの雨模様でしたが、集まった約120名の聴衆はヌッツォさんの力強く美しい歌声に魅了されました。
このコンサートは東京アメリカンクラブ会員有志の方々の尽力により実現、仙台YMCAと仙台の3ワイズメンズクラブの共催で実施されました。ヌッツォさんはご自分の歌を披露するばかりでなく、会場の聴衆と一緒に歌える曲も準備してくださり、プログラム中にヌッツォさんのリードで赤い鳥の「翼をください」とディズニーの「小さな世界」を合唱。久しぶりに大きな声で歌ったと嬉しそうに話す方も見られました。
また、被災地の子どもたちに世界の子どもからメッセージを届けて力づけたいと願って結成されたグループ「笑顔deスキップ」が、3月中旬から山元町の各小学校で順番に展示してきた世界15ヶ国・地域から集めた子どもの絵画と激励メッセージも、ヌッツォさんのコンサートに合わせて中央公民館に展示場所を移し、コンサートに訪れた人々は世界の子どもたちからのメッセージも見ることができました。絵画は山元町中央公民館で321日まで展示されています。
津波で200m流された缶詰工場の大きなサイン水槽
コンサートの後、ヌッツォさんご夫妻と東京アメリカンクラブからのボランティア数名は被災地の視察を希望されたため、秋保温泉に一泊。翌18日に青葉城クラブの清水ワイズマン(仙台Y常議員会議長)と仙台YMCAの村井シニア・ディレクター、ボランティア支援センターの日下部が同行しました。一行は石巻市立大川小学校で慰霊の献花をした後、石巻観光協会ボランティアのガイドで石巻市内の被災地を視察。1年を経た今なお傷跡生々しい被災地の惨状に声を無くす場面もあり、これからも支援の方法を考えて力になりたいと話しておられました。一行は宮城の海の幸満載の昼食を楽しみ、夕刻東京へお帰りになりました。  

2012年3月12日月曜日

あがれ希望の凧! / Flying Kites of Hope

(English readers, please scroll down)

東日本大震災1周年の3月11日、仙台凧の会主催、仙台YMCA・3Ysクラブの協力で「全国(世界)同時復興・慰霊凧あげ」を実施しました。

見にくいのですが、仙台凧の会の方が作った100連凧です
世界各地で東日本大震災・津波災害の1周年にあわせて、犠牲者の慰霊と被災地の復興を祈念する目的で同時に行なわれた凧あげに参加したものです。仙台は午後から雪の予報でしたが、会場となった広瀬川の河川敷は東よりの風がふく絶好の凧あげ日和となりました。

まず、1230分から凧の会の方々が準備して下さった白い凧を挙げました。白凧は古くから不幸があった家であげ、わざと糸を切って厄払いをする風習があったそうで、今でも無地の凧を揚げることが嫌われるのは、そういう背景があるとのこと。この日は糸を切りませんでしたが、大津波の犠牲になった方々のために静かに祈りながら凧をあげました。

「GDPあがれ!」と洒落っ気たっぷりの景気凧
続いて1時からは参加者にカラフルな凧が配られ、凧の会の方々のご指導で自由に凧あげを楽しみました。今度は復興に向けての希望を祈る凧あげです。順風に空高くあがる凧を目で追いながら、風の強弱や自分の凧のクセを糸の出し入れで上手に操ろうと、大人も子どもも一心に空を見上げます。空高くあがるカラフルな凧に集中していると、なぜか自然に笑顔になってしまいます。曇った寒空にあがっていた白い凧がカラフルな凧に取って代わられると、天も祈りを感じてか薄日が射してきました。

参加した約100名は、震災が襲った午後2
46分には一旦凧を納めて海の方に向かって心を合わせて黙祷を捧げた後、凧をおみやげに家路につきました。


追伸、空が背景なので露出オーバー気味になるのと、デジカメではピントが合わせられず、凧の写真を撮るのは素人にはかなり困難だと思い知らされました。


On March 11, we flew kites in the early spring sky of Sendai to pray for the tsunami victims, also for the hope for the survivors’ future.




100 little kites on a line making an arch like rainbow
On the first anniversary of the March 11 disaster, Sendai YMCA joined with many other YMCAs and other organizations world wide to fly kites in memory of those who have lost their lives a year ago, also in prayers for the hopeful future of the disaster struck people in Tohoku. This event was hosted by Sendai Kite Club with cooperation of Sendai YMCA and its 3 Y’s Men & Women’s Clubs (support clubs of the local YMCA).

Message of this kite is "GDP will go up!"
In many communities in Japan, it's been a tradition that a white (plain) kite was flown to announce a death in family, then intentionally cut loose in prayer of letting the evil go from the family. That is the reason people do not fly white kites: they paint or use colorful material but never white.  At 12:30 p.m., the white kites were handed out by the Kite Club members to those gathered, then flown in silent prayers for those who lost their lives in the devastating tsunami last year.

Then at 1:00 p.m., colorful kites were handed out to children and families gathered, many brought their hand made kites as well, and all the colorful kites filled the March sky in prayers for hopes. Members of the Kite Club brought variety of kites: for examples, long kites of 100 little kites of rainbow color made a huge arch in the sky, while a big “GDP” kite sending a message “the economy goes up!”
Volunteers organized the "Kite of Hope" event

Flying kite is such a simple play, but when many fly them together in prayer, they send a bold message in the sky. At 2:46 p.m. when the earthquake hit Tohoku, little over 100 people gathered all brought their kites in and joined hearts in silent prayers for the victims.

It was a very meaningful tribute to the lost lives, also a promise of hopes for continuous recovery and rebuilding of lost communities. 

P.s  My apology for particularly poor quality photos this time: it's really hard to take pictures of kites in the sky with bright background and impossible to focus with a tiny digital camera!

Osaka Higashi Y Volunteers worked full 2 days / 大阪東YMCAリーダー、仙台でワーク


(日本語は少しスクロールダウンしてください)

It’s been eventful few weeks here in Sendai, and my apology for not being able to update this page in timely (and more frequent) manner. 

On March 8th & 9th, 5 volunteers from Osaka Higashi YMCA came and had full 2 days of works.

Connecting steel pipes to lay in the grooves
On 8th, the group arrived at Sendai Airport in the morning, was welcomed by Mr. Ohmura, a support staff from Hiroshima YMCA. Mr. Ohmura took the group to see the tsunami struck areas of Matsushima, Nobiru, and Ishinomaki: how the communities were destroyed and recovered so far.  Then, the group went to the YMCA Ishinomaki Center that Tokyo YMCA established.  They helped carry some donated goods to a local elementary school.

On 9th, I also joined the group and 7 of us went to Yamamoto-cho, the south most town of Miyagi coast (southern neighbor is Fukushima prefecture). We helped Mr. Iwasa’s strawberry farm in the morning, connecting & lying steel pipes hooked in anchor eyes driven into the soil, to assemble the base section of the warm house (photo).  Although there are a few farmers reestablished strawberry farms in the town, they are all hydroponics while Mr. Iwasa is the only farmer planting on soil and insisting on organic farming.  He brought out some big and sweet berries he picked early in the morning, and that was a real treat! Mr. Iwasa shared with us his passion for organic (and "on the soil") farming. 

作業の合間に新鮮なイチゴをご馳走になりました

After lunch at a local restaurant (help boost the local economy) the group went to Sakamot Elementary School to help display pictures and hand written messages from 15 countries and areas.  This picture message project is organized by a group of ladies called “Egao de Skip (skip in smile)” and YMCA has been help arranging the schools and community center for display. Osaka 5 did a great job utilizing their artistic sense to decorate the room pretty.
横断幕のような横長の作品を壁に展示しています

After full 2 days of work, the Osaka 5 headed home on red-eye highway bus. This makes their third volunteer trip to this area since last summer, and we are very appreciative for their commitment for continuous support regardless of the long distance between us. 


ここから日本語です。
このところ色々な動きがあり、タイムリーに記事がアップできませんでした。レポートの順番が前後しますが、おゆるしください。

389の両日、大阪東YMCAのボランティアリーダー5名が来仙し、仙台YMCAボランティア支援センターが支援活動を展開する石巻市と山元町でワークに参加して下さいました。
スチールパイプを繋げて固定しハウス基部を作ります

8日は、朝9時前に仙台空港に到着した一行を、ボランティア支援センターの大村(広島Yより出向中)がお迎えし、松島〜東松島市・野蒜地区〜石巻市の被災状況と復興を視察した後、東京YMCAが石巻駅前商店街に開設しているYMCA支援センターのお手伝いで石巻小学校に物資搬入のお手伝いをしました。

9日は日下部も合流し、午前中は山元町のイチゴ農家・岩佐さんの農園で新しいビニールハウスを建てるお手伝いをしました。ハウス基部になるスチールパイプを繋いで、地面に固定するアンカー・アイを通して敷設していく作業です。休憩時間には採れたての甘くて大きなイチゴをご馳走になりました。岩佐さんの話では、山元町で復興した数軒のイチゴ農家はいずれも水耕栽培で、土耕栽培はまだ岩佐さんだけとのこと。「土耕」と「有機栽培」へのこだわりを熱く語って下さいました。
世界15ヶ国・地域から届いたメッセージを展示します
午後は坂本小学校に出かけ、世界の子どもたちから送られてきた絵画展示のお手伝いです。「笑顔deスキップ」という東京のグループが世界15ヶ国・地域の子どもから絵とメッセージを集めて下さり、先週から山元町の小学校を移動しながら展示していましたが、坂本小学校で3ヶ所目です。これまでは廊下や体育館の展示でしたが、この小学校では教室を1つ貸していただけたので、絵やメッセージを壁やイーゼルに展示し、カラフルな風船で部屋を飾り付けました。

作業後は急いで仙台駅へ向かい、3人は夜行バスで大阪へ、2人は昨年ボランティアで仲間になった盛岡YMCAの方々に会いに盛岡へ向かいました。大阪東YMCAのボランティアは昨夏以来、今回で3回目。実に幅広い内容の支援に携わってくださいました。遠くにいても、このように被災地の人たちを覚えて支援を続けて下さる熱い心に感謝しています。

2012年1月26日木曜日

熊本から東松島へ激励メッセージ / Message from Children in Kumamoto to Higashimatsushima


(English readers, please scroll down)

昨年6〜8月まで、仙台ボランティア支援センターのスタッフ第1号として活躍された熊本YMCAの寺岡良男副総主事が、1月2425の両日来仙されました。熊本へ帰任後、招かれて被災地の様子を話した熊本市立一新小学校の児童たちから、東松島市立野蒜小学校の児童たちへと託されたメッセージを届け、熊本Y若手スタッフにも被災地の現状を知ってもらいたいと、猪股大志氏を帯同されました。

24日は支援センターの大村、日下部が同行し、山元町の沿岸部で津波により80数名の犠牲が出てしまった社会福祉法人・静和会の老人ホーム跡〜名取市閖上地区〜仙台市荒浜地区を視察。10ヶ月を経て、なお傷跡生々しい津波災害の規模の大きさをあらためて実感しました。

25日は日下部の案内で東松島市の野蒜小学校へ。同校は昨年末に完成した仮設校舎にこの正月から移転していました。校長の木島美智子先生から児童や学校の近況をうかがった後、2年生の学級に案内して頂き、寺岡主事が一新小2年生からのメッセージをクラス代表の学級委員に手渡しました。児童から元気に熊本について質問された寺岡主事も嬉しそうに受け答えされ、ぜひ熊本を訪ねて下さいと誘うと、クラスから大きな歓声が上がりました。

仮設校舎を後にして、まず海岸近くの旧校舎へ。指定避難場所で児童ばかりか近所の住民も避難している所へ津波が襲いかかって100名以上の犠牲が出てしまった体育館の壁には、まだ約2メートルの高さに水跡が残ったまま。東松島の海岸部から足を伸ばして、南三陸町も視察しました。全体的な印象として、ガレキや流された漁船や車は撤去され、朝方に降った雪が積もったままの被災地は、一見きれいに片付いたように見えますが、工事車両ばかりが目につき、家や商店、工場など生活の風景がほとんど見られない町からは、復興への道程の遠さを感じますが、沖の水面に少しずつ増え続ける養殖筏のブイの列が、復興への強い意志と着実な歩みの印。とても力強く見えました。

 
Mr. Yoshio Teraoka, Associate General Secretary of Kumamoto YMCA who has been serving at Sendai YMCA Volunteer Support Center as the first support staff arranged by the National Council of YMCAs of Japan from June through August, came to deliver messages from the students of Isshin Elementary School in Kumamoto to the children of Nobiru Elementary School in Higashimatsushima. He also brought a young staff member, Mr. Taishi Inomata to see the current situation of the Tsunami-affected areas by his own eyes to help boost the support effort at Kumamoto YMCA. 

On Tuesday 1/24, Mr. Ohmura and myself from the Volunteer Support Center took them to the Older People’s Facilities by the coast in Yamamoto-cho where over 80 people had lost lives in Tsunami, Yuriage District in Natori City, then to Arahama District in Sendai. The coastal areas are still far from recovery: removal of debris and demolishing destroyed structures are mostly completed, yet nothing has been built and there is no sign of human activity ten months after the disaster, indicates the magnitude of the destruction.

On Wednesday 1/25, I took them to Nobiru Elementary School at their newly built temporary school building in Higashimatsushima. Principle Ms. Kijima shared with us the current conditions and challenges of the school, students, and their community, then took us to 2nd grader’s classroom. When Mr. Teraoka handed the messages and drawings from the 2nd graders of Isshin Elementary School to the class leaders, students came up with a lot of interesting questions about Kumamoto. They loved the messages. 

After our visit, we went to the destroyed school building of Nobiru Elementary School near coast, where the gym was the designated evacuation center by city and over 100 people, students and the residents in the community, lost their lives by tsunami gushed into the gym on 3/11. The 8 feet high water mark on the wall was still visible inside the gym. We also went to see the coastal areas of Minami Sanriku-cho. Most of the debris removed and buildings demolished, covered by fresh snow, the coastal towns and villages seemed very clean. But, there is almost no sign of human activity except for many construction equipments and dump trucks moving around, reminds us the seriousness of the damage these communities had taken, and the long way ahead for recovery. Yet, witnessing slowly growing lines of buoys for farming Wakames, oysters, scallops, and silver salmon off shore in the bay, they are telling us the town people’s strong will and sure steps for recovery. 

2012年1月22日日曜日

Most Needed Support Now / 今、被災地で必要なサポート

 (日本語の記事は、少しスクロールダウンしてください)


I sometimes encounter with mismatches of volunteers or material donations to the real needs of the disaster-affected people. How can we match the real needs of the people who can use your help?
泥かき / Cleaning mud

Some of those who are willing to volunteer in the disaster-affected areas imagine their major task will be clearing debris and removing mud from streets and homes. In many areas, that was true till last summer, however those days are long gone. In most of the areas are in the phase where demolishing and rebuilding by professionals are the majority of works now.

In other areas where debris are still visible, cleaning work is assigned by local government to those who lost their livelihoods as well as homes and loved ones, to help their financial situation. So, if a group of volunteers come into these areas from outside and clean the mess up, it sure looks good and they may feel great, but the local survivors will lose their only available income source. If one’s action cause harm to the locals, that is not support nor relief. We need to think through what the people’s needs really are before jumping in an action.

Today, volunteers are needed in the fields such as children's after-school care and tutoring, and helpers at nursing homes and adult day service facilities. These are volunteer works that require periodical and continuous commitment. 

仮設住宅での炊出し / Feeding hot meal
What about donating goods? When information such as “ABCs are needed at the temporary houses in XYZ” comes through an e-mail or a blog, large quantity of “ABCs” get delivered to the XYZ temporary housing complex. When 50 “ABCs” are delivered to a complex of 100 homes at XYZ complex, it causes a delivery problem. How about the local storekeepers trying to rebuild lost businesses? They will lose the business opportunities when merchandises were purchased somewhere else then flood into their community. The best way to help them is to spend the money locally, because without the recovery of the local businesses, there is no recovery of that community. Please consider carefully about what really help and what don’t.

It is our task at YMCA Volunteer Support Center to match volunteers to the volunteer needs, donors to the material needs. Please utilize us to fulfill your good will, so that your time, money, and thoughts will be fully utilized to help the most needed people to get back on their own feet again to rebuild their lives and community.

Finally, more than anything, please make time to visit the disaster-affected areas (and participate in some volunteer work, if possible). Come see the place by your own eyes, breath the air, listen to what the people tell you, and share your own experience with your family members, friends, colleagues at home. Please give us opportunity to help you fulfill your good will helping those who can use your help. Thank you!

せっかくのご厚意によるボランティアのご希望や物資支援のお申し出が、受け取る側のニーズと上手くかみ合わない残念なケースを防ぐには、どうすればよいのでしょう? 被災地では今、何が必要とされているのでしょうか?

「被災地でボランティアをしたい」と仰ってくださる方々の中には「ガレキ撤去や浸水家屋の泥かきなどがボランティアの主な仕事だ」と思っておられる方が少なくないようです。確かに、被災後2〜3ヶ月はどの被災地でもそうでした。

床板剥ぎ(宮古市) / Removing rotten floor (Miyako)
しかし、ガレキ撤去が遅々として進んでいないような場所の中には、失業した被災者の収入源確保のために、日当を出してガレキ撤去を請負ってもらっている自治体があります。こういう所に貸切りバスでワッと乗り込んでガレキを片付けてしまうと、収入が必要な被災者の仕事を奪ってしまい、バスで立ち去る人たちに爽快感は残っても、被災者のために必要な支援にはなりません。袖まくりしてボランティア・バスに飛び乗る前に、先ず「被災者のために何が必要か」を考えていただくことが必要です。

津波後10ヶ月余りが経ち、今でも例外的に泥かきなどのボランティア募集が出てくる場合があるようですが、被災地の多くでは、プロの業者による建物の解体や整地、あるいは行政による土地使用計画が決まった場所では建築作業が始まり、もはや素人の手に負える仕事はかなり少なくなっているのが現状です。代わりに児童・生徒の学習指導や特別養護老人ホームのサポートなどの他、毎日・毎週ではなくても月1回〜隔月で長期間コミットして頂きたいなど、全体的に継続性が求まられるボランティアのニーズが増えています。

物資の支援はどうでしょう? ほぼ全ての被災者が避難所から出た現在、経済的な独立を求められている被災者ですが、家も仕事も失った人達です(家族や親しい人を失った方々も大勢おられます)から、生活物資の支援はとても助かりますし、まだまだニーズがありますが、問題はその方法です。

配給物資の分配もひと仕事 / Splitting donation is a task
どこかで「カセツで○○が無くて困っているそうだ」と聞きつけ、資金を集めて大量の品物を送ったり持ち込んで下さる個人や団体があります。善意でやって下さっている訳ですが、何とか今から事業を再建したいとコツコツ努力して来た被災地の業者さんは、外から大量の品物を持込まれては商売が立ち行かなくなってしまう、という事まで考えていただきたいのです。この場合、被災地の業者を通して物資を調達して頂ければ、本当の支援になるのです。地域経済の復活は、被災地の復興・再生に不可欠です。また、100世帯ある仮設住宅に「気持ばかりですが…」と50世帯分の物資を持ち込むと、却って分配を巡ってトラブルの種になってしまう場合もあります。一方的に「何かしてやる」「かわいそうな人達のために何かあげる」と自己満足のために行なう支援は、自分のためにも人のためにもなりません。「どうすれば本当に被災者の支援になるか」よく考えないと、期せずして善意が却って害になってしまうケースもあり得る訳ですね。

このように、ボランティアや物資支援のニーズも被災直後とはかなり違って来ており、特に個人ボランティアを受入れてくれるケースは少なくなっています。ただ、今でも一時に大勢の人手が必要な作業が時々ありますし、生活必需品の物資支援はまだまだニーズがあります。ボランティアや物資支援のご希望と現地ニーズをうまくマッチングさせるのが、私たちボランティア支援センターの仕事。お近くのYMCAやワイズメン&ウィメンズ・クラブなどを通して早めにご希望をうかがえれば、その時期に参加していただけるボランティア・ワークをアレンジしたり、いつ、どこで、どのような物資が必要か調整しますので、どうぞ被災者支援のために私たちを上手に使って下さい。皆さんの善意が最大限に被災地のニーズに役立つよう努力しています。

今、被災地でいちばん必要なのは、お金も物資もまだまだ必要なのですが、皆さんが被災地を(できればボランティアとして)訪ねて下さることです。ご自分の目で現状を見、被災者の方々の声を自分の耳で聞き、ご自分の経験をご自分の言葉でご家庭や職場、学校、教会やサークルなどので多くの人達に伝えて下さることです。そのためにも、どうぞ私たちボランティア支援センターを活用して下さい。

2012年1月21日土曜日

Mr. Ohmura joins team from Hiroshima YMCA / 広島YMCAから大村主事ご着任

(English readers, please scroll down a little)

ご報告が前後してしまいましたが、広島YMCA副総主事の大村裕司さんが1月10日付で着任されました。3月末までの予定でボランティア支援センターにて仕事をされます。10月中旬に和歌山YMCAから同センターに応援に来てくださった黒田敦さん、8月から来ている私を合わせ、これで仙台YMCAボランティア支援センターは当初予定していた3人体制になりました。昨年6〜8月まで熊本YMCAから来てくださっていたトップ・バッターの寺岡良男副総主事から数えて4人目の応援スタッフになります。


大村さん、実はYMCAには寺岡さんや私(元・東京)と同期の入職で、当時日本YMCA同盟が主催していた共同採用の指導職主事研修を共に受けた仲間。夫々異なるキャリアを歩んだ後に、不思議なご縁で30年後に仙台で共に復興支援に関ることになりました。

着任早々に行なわれた1月1415日の第1回南三陸町支援YMCAファミリーキャンプも手伝ってくださり、昨日は私と一緒に南三陸町の5つの小学校を訪問。先生方から児童と学校の近況、新年度の課題などをうかがってきました。また、広島Yで長く学校関係の仕事に携わって来られた関係で、横浜YMCA健康福祉専門学校が宮城県のNPOと共催で今月末から開講する2級ヘルパー養成講座の事務局を担当して下さることになり、会場となる老人福祉センターの下見もしてきました。これからの働きを覚えて、どうぞ宜しくお支えください。


On January 10, Sendai YMCA Volunteer Support Center welcomed a new team mate, Mr. Yuji Ohmura from Hiroshima YMCA. He is the Associate General Secretary of Hiroshima YMCA. In addition to Mr. Kuroda from Wakayama YMCA (came to Sendai in mid October) and myself (since August), the arrival of Mr. Ohmura had fulfilled the originally planned capacity of 3 staff members. Starting from Mr. Teraoka from Kumamoto YMCA (Associate General Secretary), Mr. Ohmura makes the 4th support staff. 


Incidentally, Mr. Teraoka, Mr. Ohmura, and I are classmates of the All Japan YMCA's New Directors Training organized by the National Council of YMCAs of Japan. After pursuing different career paths for 30 years, three of us get involved in the same relief work at Sendai YMCA Volunteer Support Center.


Mr. Ohmura was a big help in the Family Camp we’ve run during the last weekend (1/14-15), he visited the five elementary schools in Minami Sanriku-cho with me yesterday to meet with principles and vice principles and learned the current condition of schools and students. Also, he will be helping administration of the “Class 2 Helper Certification Course” co-organized by Yokohama YMCA College and two local NPOs that starts next weekend in Minami Sanriku-cho, so we went to check out the location where the lectures will be taking places. Please extend your support to Mr. Ohmura through his assignment in Sendai till the end of March. Thank you!